Message

メッセージ

Message

ストーリーは
自ら描き、つむぐもの。

人を幸せにする。

ドクターリセラに関わるすべての人に、幸せになってもらいたい。そう思っています。もともと「人の役に立ちたい」という想いから創業した会社で、その想いは今も私たちの根底に深く根づいています。

たとえば、その象徴とも言える化粧品について言えば、使ってくださるお客様に幸せになっていただきたい。だから、まず何より安全を追求する。ドクターリセラでは製品に、「石油系合成界面活性剤」「パラベン」「合成香料」「旧表示指定成分」を一切使用しないと、経営理念で明言しています。そのうえで、ちゃんと肌に結果を出す。化粧品に限らず、ドクターリセラが手がけるあらゆるビジネスにおいても同様です。自分たちも使い続けたいと思える製品やサービスを提供することで、お客様に喜んでいただきたいと考えています。

もうひとつ大切にしているのが、人づくり。縁あって当社に入社した人には、やはりこの会社で成長できたという実感を持ってもらいたい。そこで、「積善の人づくり」を追求しています。これは、従業員一人ひとりが善い行いを積み重ねることによって、社会のお役に立つとともに、自分自身も成長していくというもので、当社の人財育成における基本的な考え方です。そうした人間的な成長によって、従業員にも幸せになってもらいたいと考えているのです。

何のために働くのか。

あなたは何のために働こうと思っていますか? 良い生活をするため? オフタイムの楽しみのため? きっと答えは人それぞれでしょう。私は、「仕事を通して学び、成長するため」と考える人と一緒に働きたい。そういう意識を持っているか否かで、5年、10年と仕事をつづけていった先にある自分の姿は、大きく変わってきます。

さらに言うと、自身で成長を「得る」一方で、社会に何かを「与える」ために働くという意識を持つことができれば、素敵だなと思います。当社も、海洋深層水から化粧水をつくっていることから、海を綺麗にする活動を支援したり、地域の清掃活動を行ったりと、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。世のため人のために何かをすることに、自分の喜びを見出す。ドクターリセラには、そんな価値観に共感する人が集まっています。

経営者をつくりたい。

未来の話をしましょう。ドクターリセラはこれから、どんなストーリーを描こうとしているか。私たちの使命は、「美と健康と地球環境に貢献」すること。そのためには、多彩な事業が相乗効果を発揮していく必要があります。そこで軌道に乗った事業は分社化し、将来的には10年間で30人の経営者・事業責任者をつくりたいと考えています。

ただしそれは私が描いているストーリーの、ざっくりとしたシナリオに過ぎません。そのシナリオのもとで、いえ、シナリオから少しくらいはずれてもいい。どんなストーリーを描き、つむいでいくかは、これからを担う従業員一人ひとりにかかっています。内からの美容・健康を提供するフード事業に、未病予防に貢献する事業、さらには海外事業など、わくわくするような動きがすでに生まれています。ここには、あなたのやる気と発想と行動次第で、いろいろなストーリーを生み出せる可能性が広がっているのです。

ドクターリセラにかかわるすべての人の幸せのために、動きつづけ、変わりつづけ、挑戦しつづけるこの会社で、あなたならどんなストーリーを描くでしょうか?
次のストーリーを担う主人公との出会いを、楽しみにしています。

ドクターリセラグループ代表
奥迫 哲也